1/48 三菱 F-1 (3) 機体塗装 下塗り

◆出品ターゲット:12月第2週

やっと下塗りに入れましたが、塗装中の写真を、また写真を撮り忘れています。文章で伝わるかな?

◆下塗り:①サーフェイサー1200を全体に吹き付けます。希釈率は瓶入りサフで1:4〜5程度で、薄くて粒子感が出ないように気を付けてます。②サフ乾燥の後に全体をティッシュで軽く擦り、表面の粒子の凹凸を除去しながら平滑にしていきます。③全体が滑らかになったら水洗いし削りカスを除去します。擦る道具としてティッシュが最適かは迷う所です。ただ番手の細かい(6000番)を使うより平滑感が出しやすい(削られ過ぎない)感じがします。1/72 MiG-21も下塗り時,本塗り時にティッシュでさすって常に平滑面に戻す事を心がけた結果、表現が難しいですが塗装の定着感、一体感が得られたように感じます。

この感覚は別にTipsでまとめたい所です。

◆マダラ立ち上げ:機体色を塗る前に黒色塗装を行います。配色はラッカー黒(希釈率1:10)、エアブラシ0.2です。①パネルライン沿って線引き塗装します。時々ズレるけど後でマダラに塗り潰すから気にしないです。②塗料は①のままでグルグルとマダラになるようにパネル内を塗り潰します。マダラ塗装は結局別の塗装色が上に塗られますが背景色にこれがあるとのっぺりした塗装面になるのを避ける事ができます。

塗装中はこんな感じです。

所要時間4hr程度です。ちょいとくたびれました。

下塗り編は以上です。

前の投稿へ移動 / 次の投稿へ移動

Total Page Visits: 416 - Today Page Visits: 2