1/48 隼Ⅱ型 (7) 機体製作 その2

◆出品予定:4月中旬

先週に引き続きリベット打ちを継続しています。やっぱりなかなかの仕事量ですね(^^; 細かな作業はけっして嫌いな方ではないのですがリベットを打つべき面積がまだまだ控えているのを目の当たりにすると少し萎えます。でも、だからこそ完成品の付加価値があがるのだと自分に言い聞かせて何とかやり切ることができました(笑)

さて、胴体部分も参考書籍の図面を見ながら打っていきます。主翼でもそう思いましたが、やはりリベットラインの本数と密度が多いですね。つまりこのリベットの裏側に桁やフレームが存在するという事か。。。ならば納得します。

↓翼と仮付けをしてみました。うん、結構な情報量と密度感ですね。

↓カルコを用いリベット穴を深く広げるとどうしてもプラ材が穴の周辺の盛り上がりとして残ってしまいます。このままでは見た目が悪いのとデカール密着性や迷彩塗装時の筆の走りに悪影響を及ぼすので、平滑になるまで800番スポンジヤスリでならしていきます。

↓作業後はこんな感じ。せっかくのリベット跡が目立たなくなりましたが墨入れすれば丁度いい塩梅になるので、これで良しとしますね(^^)。

今週の進度はここまでです、作業量に対し成果のの出来高が少ないのであまりお伝えする事がなくてごめんなさい(^^;

機体組立-その2は以上です、それではまた。

前の投稿へ移動 / 次の投稿へ移動

Total Page Visits: 613 - Today Page Visits: 1