1/48 サボイア S.21 紅の豚 (4) 主翼の制作

出品予定:8/中

今回の投稿は、随分とお久しぶりとなりますが紅の豚の製作投稿をしていきますね。

まずは前回までの振り返りから。。。
前回までは主翼の骨格となる、前後の桁とリブを組み付けて (組み合わせて)います。今回はこの骨格に更に小リブを追加していきます。

( ↓ ) 使用する部品は、もちろんプラ板からの切り出しですよ!

こちらは板厚0.3mmのプラバンを0.6mm幅でカットしていき、こちらを小リブとしていきます。

( ↓ ) 先ほどの切り出し材を前縁~後縁まで貼り付けていきます。プラ板は少し湾曲させておいたほうが、翼型の形状に見えるようになります。

( ↓ ) 小リブだけでは少し物足らないので、上下小リブのつなぎ部品を切り出し翼に接着していきます。

( ↓ ) こんな感じです。ねっ、少し密度がましますよね (^^)

ふぅ~、先ほどのつなぎ部品は現物合わせで切り出していくので、結構大変です。

( ↓ ) 主翼へのリブの追加は、ほぼ完成したので一旦フロートをつけてみます。フロートまでもスケルトンにしようかと思っていたのですが、全体的なバランスが崩れそうに感じたため、キットのままを仮付けして様子を見てみます。

うん、やはりフロートはスケルトンにしないほうがバランスが良さそうな気がします。

左翼を骨組みかした事によって、若干軽い印象となってますが、フローををそのまま活用する事によってバランスが取れていますよね。

ヨシ、あとはエルロンと尾翼ですね。

( ↓ ) 尾翼も同様にプラ板の切った貼ったで作っていきます。

まぁまぁ、エルロンも何とか形になりましたね。あと残りのリブを追加して、もう少し薄くしていきましょう。

内部のワイヤーなどが、まだ追加されていないので、まだまだ密度感が足りませんね。

もう少し作り込みを行ったうえで、尾翼のスケルトン化に入っていきますね。
それではまた!

Total Page Visits: 448 - Today Page Visits: 1